CONCPET

Delphi 6 Personal for Japanese 『Delphi 6』はフリーソフト作者の間で支持率の高い開発環境。
その理由は『Visual Basic』に似た操作と画面で、仕様書なしで作りはじめることの多いフリーソフトに相性のよいRADツールであること、コンパイルすればネイティブコードをはき出してくれるのでパフォーマンスに優れ、配布がしやすいこと、そしてMMX、SIMD、3DNow!といったマルチメディア拡張命令に対応したインラインアセンブリ機能でCPUの限界まで性能を引き出せること、などが挙げられる。
開発言語にObject Pascalを採用しているが、ヘルプが充実しており、特に『Visual Basic』からの移行がしやすくなっている。
Linuxとのクロスプラットフォーム開発が可能であることも他に類をみない特徴だ。
『Visual Basic』の手軽さと『Visual C++』のパワフルさ、そして驚くほどのコストパフォーマンスを備えた、パーソナルユースに最適の開発環境といえる。

Windowsプログラミングの学習や趣味を目的としたビジュアル開発ツール。
ビジュアル開発環境とC/C++に匹敵する柔軟性をもったObject Pascalコンパイラを搭載している。
また、コード補完や宣言表示などの入力支援機能、ビジュアル開発とソースコード開発を連携させる2Way-Tool、プロジェクトマネージャなど効率的な開発を支援する機能など、数多く提供する。

4分割されていますので、1から4をダウンロードして下さい。(RARファイルです。)

リンクをクリックして5秒後に右上のSKIP ADをクリックするとダウンロードサイトに飛びます。
ダウンロードパスは delphi です。

Win RAR 4.11 & Keygen